レッドとグリーンのサラノババターリーフとカボチャのロースト、ベーコン、ゴートチーズ

秋の味覚を楽しんで下さい。この味わい深く満足のいくサラダは季節の食材を主役にします。美しいレッドとグリーンのサラノババターリーフのサラダは目を楽しませてくれます。

材料

皮を剥き種を取り除いたオレンジカボチャ 1㎏
オリーブオイル 大さじ3杯
松の実 大さじ4杯
薄切りスモークベーコン 125g
ジンジャーシロップ 大さじ1杯
ヨーグルト 大さじ4杯
ニンニク 細かくみじんぎりされた2分の1片
海水塩、あらびき黒コショウ少々
サラノバレッドバター、グリーンバター 各2分の1株
つぶしたソフトゴートチーズ 150g

調理法
  1. あらかじめオーブンを190度に温めておきます。カボチャを楔状にスライスし、オーブン用のトレイにクッキングシートを敷き、並べて行きます。オリーブオイルをかけ、塩、コショウで味付けをします。その後20分間、もしくは十分に焼きあがるまでローストをします。
  2. フライパンを熱し、3分間、もしくは黄金色になるまで松の実を炒ります。松の実を取り除きベーコンを6分間、あるいはカリカリになるまで焼きます。ヨーグルト、ジンジャーシロップ、ニンニクを良く混ぜ、塩、コショウで味付けを行います。
  3. サラノバカッターでレタスの芯(半分)を取り除くか、包丁で芯の周りを半円状にカットします。これがサラノバのワンカット法です。葉を洗って水切りを行い大きいボールに入れます。サラダの上にカボチャとゴートチーズを振り分けます。その上に松の実をばらまき、ドレッシングをふりかけます。残ったサラノバ株の半分はプラスティック袋にいれるなどして冷蔵庫に入れてください。

ベーコンとゴートチーズの量を増やせばサイドディッシュからメインディッシュに早変わり。カボチャの皮は食べることができます。皮を残せば手間は省け歯ごたえのある食感となり、サラダをより彩るでしょう。