エビとクルトン、焼きトマトの地中海風サラノバサラダ

世界で1つの料理だけが感動と満足感を同時に与えることができます。

イタリアンサラノバサラダは地中海の全ての色と食味を同時に楽しむことができます。

材料

フォカッチャかシアバッタ 250g
房付きミニトマト 250g
サラノバグリーンバター 2分の1株
サラノバレッドオーク 2分の1株
生エビ500g(半分皮を剥いてキレイにした) 
ニンニク 1片(細かく刻んだ) 
乾燥ローズマリー 小さじ1杯
オリーブオイル 大さじ2杯
海塩、あらびきコショウ 少々
エクストラバージンオイル 大さじ5杯
レッドワインビネガー 大さじ2杯
グリーンのオリーブの実 150g
水牛のモッツァレーラチーズ 1塊(150g)(一口サイズに引き裂いた)

調理法
  1. オーブンを180℃に前もって熱しておく。フォカッチャを小さな塊に裂いて、耐油紙を引いたオーブン用のトレイの3分の2に並べていく。そしてそれを15分程度オーブンの中で焼きます。5分後、残りの3分の1にトマトを並べ、パンがカリカリになり、トマトも良く火が通った状態にします。
  2. エビの皮を剥き、背ワタを取り除きます(エビの尻尾は彩りとして使えます)。それをニンニク、オリーブオイル、ローズマリーと混ぜます。
  3. エクストラバージンオイルとワインビネガーを合わせ、塩、コショウで味付けを行います。
  4. サラノバカッターで半分の芯を取り除くか、ナイフで芯の周りを半円状にカットします 半分の芯をカットするのにサラノバカッターを使って下さい。芯の片側に残った葉はそのままプラスティックの袋に入れ、冷蔵庫に保管して下さい。。これがサラノバのワンカット法です。そのリーフを洗い、水切りを行い、大きくて浅いボールにあけます。その上からドレッシングをふりかけ、オリーブの実、モッツァレーラチーズ、フォカッチャのクルトン、エビを散らします。